よく起こる精力減退の症状とは

精力減退の症状は

 

精力減退の症状でよく言われるのは、勃起不全、勃起不能、早漏の3つになるでしょう。勃起不全は、いわゆる中折れと呼ばれるもので、男性ホルモンの減少や血流の量による原因が考えられます。

 

男性ホルモンが減少してしまうと勃起を促してくれる神経が弱まってしまい、命令系統が上手く行かず、それにより血流の量が不十分で途中で中折れしてしまうのです。男性ホルモンの減少は、更年期障害による理由が一番多いので、この精力減退は40代から多く見られる傾向にあります。

 

勃起不能は、インポテンツと呼ばれる事があり、性的刺激を与えても、固くならない状態の事で、さまざまな原因が考えられます。早漏の場合は、筋肉の問題で射精閉鎖筋が衰えると射精をコントロールしにくくなり、早漏になってしまいます。

 

また若い年代の方の場合だと、敏感すぎて起こる事が多いでしょう。精力減退してしまうと、このような症状が発生しますので、精神的や身体的な原因がそれぞれありますから、できるだけ健康的な生活を送り、これを避けるようにしましょう。

精力減退の症状を感じるのはどんな時か

ある程度歳を重ねると精力減退してきたなと感じる事があると思います。そういった症状は、どんな時に感じるものなのでしょうか。

 

精力減退してきたなと実感するのは、EDになった、性欲がなくなったというのは当たり前ですが、他にも色々とあります。まず朝勃ちの回数が減ったり、元気さが足りなかったりした時に実感する人が多いと思います。

 

その他にも異性の裸を見ても反応が鈍かったり、しなかったりした時もそうですが、そもそも興味が湧かない場合は精力減退と同時に精欲も減退しているかもしれません。またセックスレスやセックスする事自体が少なくなると、ホルモンも活性化しにくいですので、精力減退に繋がっていきます。

 

精力減退する原因としては、精神的な問題、病気、肥満等の生活習慣、疲れ等がありますけど、上記のような事が起こり始めると精力減退の症状が現われてきていると分かるはずです。そうならないためにも、原因を取り除いて、いつまででも元気にいて下さい。

トップへ戻る