男性ホルモン剤は即効性が高い薬

男性ホルモン剤とは

 

男性ホルモン剤は飲み薬以外に塗布薬がありますが、これはどういう風に使うのでしょうか。男性ホルモンであるテストステロンですが、通常ですと、そのまま体に服用したとしても吸収されませんので、何も意味がありません。

 

なので、飲み薬には人工的に作ったメチルテストステロンという成分が必ず配合されていますが、塗布薬はそのままテストステロンが使用されています。男性ホルモン剤を患部や陰茎に塗布しますと、血液中の男性ホルモンが増えて、素早い効果が現われると言われています。

 

製品によっては、配合されている成分や量が変わってきますので、多少違った点があるかもしれませんが、基本的に即効性があると言われています。男性ホルモン剤は、即効性もあり便利に思えますが、使用してはいけない人もいます。

 

それは前立腺肥大や糖尿病を患っている方は危険と言われていますが、塗布薬の場合は、副作用は少ないです。それに、早漏対策にもなると言われていますので、幅広い使い方ができる薬となっています。

男性ホルモン剤は精力剤の代わりにもできる

男性ホルモン剤は、男性ホルモンの分泌量が足りていない人が手軽に補給するためのものになります。男性ホルモン剤と言いましても、飲み薬だけではなく、塗布薬も存在しています。

 

男性ホルモンが減少すると、さまざまな弊害が現われますが、その中でも顕著なのが、生殖機能になります。ですから、精力剤の代わりとして、男性ホルモン剤を使用する人もたくさんいます。

 

ホルモン減少による理由での勃起不全は、男性ホルモン剤を使用する事である程度は改善を図れます。改善できるからと全く良い訳ではなくて、薬ばかりに頼っていると、元の体の能力が弱まってしまいますから、この場合だと男性ホルモンの分泌力が低下する事になります。

 

一時的な回復や改善で自信を付けたり、これから活発化させたりするのなら良いですが、常時使うのは考えた方が良いかもしれません。特にまだ分泌力の改善が期待できる40代以下の方が使用する場合は、慎重に使う必要があるでしょう。

トップへ戻る