男性が更年期障害になる原因は

男性が更年期障害になる原因

更年期障害の原因は男性ホルモンの減少

男性が更年期障害になる原因

 

男性が更年期障害に罹る原因は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れる事によって起こります。ほとんどの男性が通常ですと、歳を重ねていくごとにテストステロンの分泌量が減る訳ですが、更年期障害が発生しない人もいます。

 

それは、テストステロンの分泌量が減っているけど、体が順応したり、精神的に落ち着いたりしていて、対応できているからです。更年期障害に罹る人は、急な減少に戸惑ってしまい、ホルモンバランスが崩れ、あらゆる問題が起きてしまっているのです。

 

またテストステロンの減少の仕方や症状の出方は、人それぞれの体質によりますので、あまり気にならない方も多いでしょう。そもそもの原因であるテストステロンの分泌の減少を抑えるのは難しいので、日頃からの体力作りやストレスを受けない生活等の予防は大事と言えます。

 

老年期に入ってくると、若い頃とは違い、運動する事も積極的に行動する事も減りますので、それも男性更年期障害に罹る原因の一つになっているかもしれません。

男性更年期障害はストレスが関係している

男性更年期障害の元となる原因やキッカケは、テストステロンの分泌の減少になりますが、多くの方がストレスが原因によって、更年期障害が発症します。

 

現代はストレス社会と言われるほど、たくさんのストレスが存在し、更年期になる男性は会社で働いていると、それなりの地位にいると思います。会社で働いていなくても、40代や50代といった時期は環境変化が目まぐるしく、さまざまなストレス要因が転がっているでしょう。

 

ストレスは男性更年期障害と深い関係にあり、原因にもなっています。職場での上司や部下との関係、夫婦の関係、親子の関係、老後や住宅ローン等の金銭問題、健康問題とストレスになる事はたくさんあります。

 

男性更年期障害を少しでも和らげたり、罹らないようにしたりするには、これらのストレスの原因を排除しなければなりません。また問題を解決するのが難しいのであれば、何事も前向きに考えるようにする事も大切ではないのでしょうか。ストレスとどう付き合っていくかが大事なのです。

トップへ戻る