男性の更年期障害になる年齢は

男性の更年期障害になる年齢

更年期障害は30代から始まる事がある

男性の更年期障害になる年齢

 

男性の更年期障害は、更年期の年齢になると勝手に起きる障害ではありません。体質は人それぞれなので、個人差はありますが早い人だと30代といった年齢から更年期障害を感じる事もあれば、50歳でも感じない人もいます。

 

男性更年期障害になりやすい人は、真面目な人、几帳面な人、運動不足の人、不規則な生活をしている人等になります。さらにストレスを抱えやすい環境にある人も加えて、これらの要因が多い程、早い年齢から更年期障害に罹る可能性が高いのです。

 

精神的な部分が大きく占めていますが、体質や環境もありますので、遺伝するかはハッキリしていませんが、罹っている人と同じような生活をしていれば、なる確率は高いでしょう。

 

このように男性、女性に関わらず、一定の年齢になれば自動的に症状が出るのではなく、ストレスや生活習慣に左右される事が大きいです。当然若い人よりも年齢が高い人の方が、ホルモンの分泌量が少ないですから、罹る可能性が高いですけど、あまり意識せずに、しっかりとした生活をして予防するのが大事です。

更年期障害の起こる年齢は前後する事がある

男性更年期障害の多くは50代前後でなる場合が多いです。しかし、その中でもなりやすい人、なりにくい人がいまして、あまり年齢は関係ないのです。男性更年期障害は要するに、テストステロンの分泌の減少にありますから、減少が激しい人ほど若い年齢からでもなってしまうでしょう。

 

どういった人がなりやすいかと言いますと、几帳面で真面目な人は男性更年期障害になりやすいでしょう。理由としては、ストレスを抱え込みやすい性格だからで、一度悪い方向へ向くと悪循環に陥り易く、危険とも言えます。ですが、真面目であってもストレスが無ければ大丈夫ですので、テストステロンの分泌が減りにくい、生活習慣をするのに向いているとも言えます。

 

男性更年期障害になりやすい人が意外と多いのが、若い時に元気だった人です。若い時に元気だったから更年期の年齢になっても元気だろうと思いがちですが、テストステロンの放出が多かったため、周囲から見れば通常の状態でも減少した更年期と過去のギャップに悩む場合が多いのです。

 

こういった方は元気が無くなった時に感じる事が多いので、50代とは限りません。このように年齢は前後したり、関係なかったりするのです。

トップへ戻る