男性にも更年期障害は?

男性更年期障害で多い特徴や症状は怠慢感

 

男性更年期障害で多い特徴は怠慢感に襲われる事ではないでしょうか。精神的に追い詰められている訳ではないのに、だるさ、やる気が起きないといった事があります。

 

当然ですが、今までうつ病に掛かった事がない人が、突然に疲れやすくなる場合があるのです。そういった症状が現われたら男性更年期障害の可能性があります。

 

男性ホルモンのテストステロンは、疲れを回復させる等の作用も含まれていて、これの分泌量が減るという事は、疲れが出易いという事なのです。ですから、毎日何事も無く過ごしていたのに、急に怠慢感に襲われるようになったら、男性更年期障害を疑った方が良いかもしれません。

 

怠慢感は男性更年期障害からだけではなく、精神的なストレスからくる場合もありますが、特に原因がない場合は更年期障害による確立が高いです。そのまま放置していると、だるさや疲れが日常化してしまう恐れもありますので、生活改善をしてみるか、病院で診て貰うか等の対処をした方が良いでしょう。

男性の更年期障害記事一覧

男性の更年期障害は

男性更年期障害には、イライラしたり、頭が重かったり、眠れなかったりする不定訴愁の症状が現われます。この不定訴愁は、一定している訳ではなく、突然起きる事が多く、原因不明な部分が多いのです。ですから、いつ発作が起こるのかといった不安にもなり、うつ病や自律神経失調症に繋がっていく危険性もあるのです。不定訴愁は男性更年期障害の大きな特徴であり、突然起きたり、起きなかったり、一定していませんので、症状が深刻...

男性が更年期障害になる原因

男性が更年期障害に罹る原因は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れる事によって起こります。ほとんどの男性が通常ですと、歳を重ねていくごとにテストステロンの分泌量が減る訳ですが、更年期障害が発生しない人もいます。それは、テストステロンの分泌量が減っているけど、体が順応したり、精神的に落ち着いたりしていて、対応できているからです。更年期障害に罹る人は、急な減少に戸惑っ...

精欲減退になる男性の原因

男性の精欲減退の原因は更年期障害とも関係しています。テストステロンの分泌が減少すると、精欲減退すると言われているのです。その理由として、テストステロンは睾丸で分泌されているからで、去勢された動物は性欲が著しく低下するのです。このような原因によって、精欲減退するので、如何にテストステロンの分泌量を下げないようにするかも大事になります。また、精欲減退する要因の一つにストレスもありまして、悩み事を抱えて...

男性の更年期障害になる年齢

男性の更年期障害は、更年期の年齢になると勝手に起きる障害ではありません。体質は人それぞれなので、個人差はありますが早い人だと30代といった年齢から更年期障害を感じる事もあれば、50歳でも感じない人もいます。男性更年期障害になりやすい人は、真面目な人、几帳面な人、運動不足の人、不規則な生活をしている人等になります。さらにストレスを抱えやすい環境にある人も加えて、これらの要因が多い程、早い年齢から更年...

更年期障害の男性の症状

男性の更年期障害で一番多く見られる症状はうつ病ではないでしょうか。簡単にうつ病の症状を説明しますと、イライラしたり、気分が落ち込んだり、不安になったりと精神的な集中ができなくなる状態を指します。男性が更年期になると男性ホルモンの分泌量が減少し、その影響でやる気が起きにくくなり、うつ病に罹り易い環境になってしまいます。そんな時に家庭や仕事でのストレスが重なると、うつ病になってしまい、更年期障害と呼ば...

トップへ戻る